スペシャルティコーヒー豆専門店 和珈屋



和珈屋について

珈琲豆は農作物です。
お米と同じで質が良く、新鮮であることが
美味しい条件になります。
最高級の炊飯器で炊いた 品質の悪い古いお米と、
普通の鍋で炊いた品質の良い新鮮なお米では
どちらが美味しいでしょう?
珈琲も機械の良し悪しではなく
豆そのものが良質で新鮮でないと、
おいしくなりません。

「種子からカップまで(From seed to cup)」
の総てにおいて、

品質管理、温度管理が徹底されていることが、
美味しい珈琲にはかかせません。

和珈屋の珈琲豆は品質を正しくチェックできる
和珈屋の珈琲鑑定士をはじめ

珈琲のスペシャリスト達が味・品質ともに
厳しくチェックし
良質なものだけを
ご提供させていただいております。

  

■取扱販売珈琲豆のグレード


 

 

和珈屋は素晴らしいコーヒーを
生産・販売したいとがんばっている

世界中のコーヒー農園と、
それを求める消費者との間に
「おいしい架け橋」をかけ続けることを
お約束いたします。

和珈屋の3つの宣言

1.「品質の良い生豆」の買い付け


珈琲豆は農作物です。生産される環境や土壌により、品質にも大きく差がでます。価格の高低だけで品質の良し悪しが決められるわけでもありません。弊社の珈琲鑑定士達が生豆の品質をしっかりチェックし、良いものだけを買い付けております。

2.焙煎豆の品質・鮮度管理


いくら品質の良い生豆でも、焙煎が適正でなければ意味がありません。弊社焙煎士は全国の焙煎士達が世界大会への出場をかけて挑む、ジャパン コーヒー ロースティング チャンピオンシップ でも、決勝に残る実力者。全国トップレベルの技術で、豆の適正なローストポイントを見極めることができる数少ない焙煎士です。 鮮度管理についても、温度管理を徹底し、常に新鮮な状態の豆をお客様に提供したいと考えております。 

3.ご家庭でも、美味しく珈琲を淹れるご提案


珈琲は料理と同じです。いい素材も、最終的にはご家庭でどう淹れるかで、味も大きく変わってきます。珈琲のスペシャリスト達が器具の使い方や、淹れ方を解りやすくご説明させていただいており、豆の選び方もお好みに合わせてご提案させて頂いております。器具のことも豆のことも、気になる点や分からないことは、お気軽にお声掛け下さい。

 【  和珈屋 3部門で 全国大会 準優勝!! 】

2015  JCRC 準優勝
(ジャパン コーヒー ロースティング チャンピオンシップ)

2016  JCTC 準優勝
(ジャパン カップテイスターズ チャンピオンシップ)

2016  JBrC 準優勝
(ジャパン ブリューワーズ カップ)

 

「美味しいコーヒー」について語られるとき、スペシャルティコーヒー抜きには語ることが出来なくなった昨今、スペシャルティコーヒー業界自体も年々注目度が上がってきております。

 From seed to cup (種子からカップまで)。スペシャルティコーヒーの中に流れる考え方の中心にある言葉です。種子の段階から、苗になり、実が収穫され、一杯のコーヒーになるまでを一貫して、適正に管理されることが美味しいコーヒーにはかかせません。

 この種子からカップに至るまでの過程には、様々な専門職があり、それぞれに技術と知識が求められます。(品質管理、生豆鑑定、焙煎、抽出…)その中で各部門ごとに毎年開催される技術向上を目的とした競技会も、業界内外から熱い視線を注がれています。

競技会の優勝者は日本代表として、世界大会へ派遣され、今度は世界中の代表選手と競い合います。最近では日本人の世界チャンピオンも輩出されてきています。それだけ日本の競技会のレベルは高くなっており、予選通過すらも狭き門です。全国でも1部門や2部門での表彰台はあっても3部門での表彰台(3位以内)はあまり例がない快挙。

 和珈屋は福井でスペシャルティコーヒー豆専門店として2009年に創業し、現在に至るまで技術と知識向上の為にただひたむきにコーヒーと向き合ってきました。

 「美味しいコーヒー」のために自分たちが出来る事はすべてやる という考えで行動してきた事一つ一つが私たちの知識となり、技術となり、そして競技会での結果につながっていると確信しています。

 

 生豆の買付けのために必要な生豆鑑定とカッピング(味覚判定)技術。→JCTC

 買付けた生豆の適正なローストポイントを見極める焙煎技術。→JCRC

 焙煎豆をみて、水質、温度、グラインダーの種類、メッシュ(挽き目)、抽出器具、全てに精通し、どれを使ってどの様に抽出すれば、どんな味になるかという抽出全般の技術。→JBrC

 

まさに和珈屋は全国でも数少ないfrom seed to cup(種子からカップまで)の

 「総合的な技術と知識を備えた珈琲豆専門店」です。

 全国の強豪選手たちと切磋琢磨することで、新たな技術や知識を更新しつつ、次に向けての新たな課題も再確認し、「チーム和珈屋」一丸となり新たなステージへとチャレンジしていっています。

 

和珈屋の珈琲鑑定士

品質管理 最高責任者 焙煎士  小林 伸也

SCAA/CQI認定 Qグレーダー(珈琲鑑定士)
JCQA認定 生豆鑑定マスター
SCAJ認定 コーヒーマイスター

  • 2011年  ローストマスターズチャンピオンシップ 一般審査部門 中部チーム優勝
  • 2012年〜 SCAJ主催 JHDC(ジャパン ハンドドリップ チャンピオンシップ)認定審査員
  • 2017年〜 SCAJ主催 JBrC(ジャパン ブリューワーズ カップ) 認定審査員
  • 2012年  SCAJ主催 JCRC(ジャパン コーヒーロースティング チャンピオンシップ全国大会)7位
  • 2015年  SCAJ主催 JCRC(ジャパン コーヒーロースティング チャンピオンシップ全国大会)準優勝
  • 2015年  SCAJ主催 JCTC(ジャパン カップテイスターズ チャンピオンシップ全国大会)5位
  • 2015年  WCTC(ワタル カップテイスターズ チャンピオンシップ)準優勝
  • 2016年  SCAJ主催 JCTC(ジャパン カップテイスターズ チャンピオンシップ全国大会)準優勝
  • 2017年  SCAJ主催 JCTC(ジャパン カップテイスターズ チャンピオンシップ 全国大会)準決勝進出
  • 2019年  SCAJ主催 JCTC(ジャパン カップテイスターズ チャンピオンシップ全国大会)準決勝進出

 

代表取締役社長 小林 美和

SCAA/CQI認定 Qグレーダー(珈琲鑑定士)
JCQA認定 生豆鑑定マスター
SCAJ認定 アドバンスドコーヒーマイスター

  • 2012年 SCAJ主催 JHDC(ジャパン ハンドドリップ チャンピオンシップ)認定審査員
  • 2014年 SCAJ主催 JBC(ジャパン バリスタ チャンピオンシップ)認定審査員
  • 2014年 SCAJ主催 JSC(ジャパン サイフォニスト チャンピオンシップ)認定審査員
  • 2014年 SCAJ主催 WSC(ワールド サイフォニスト チャンピオンシップ)認定審査員
  • 2018年 SCAJ主催(ジャパン コーヒーロースティング チャンピオンシップ)認定審査員
  • 2019年 SCAJ主催(ジャパン コーヒーロースティング チャンピオンシップ)認定審査員

お客さまから 寄せられた お言葉

  • ここのコーヒーはやさしい味がする。(60代女性)

  • 和珈屋さんのコーヒーは香りがすっごい。帰りの車の中もやけど、ほんのちょっとだけでも置いておくと家中コーヒーの香りがしています。本当に新鮮なんだなって思いました。(30代女性)

  • 色々行ったけどもうここに決めました。(20代女性)

  • いつもは他の珈琲屋で買っていたけど、和珈屋さんの珈琲をいただいてから、他の珈琲屋の豆ではコクを感じられなくなりました。(40代女性)

  • 本当においしかった。(50代男性)

  • 県外にはこういう豆専門店ってけっこうあるけど福井は探したけどないですね。和珈屋さんができてよかったです。(40代男性)

  • このグレードの豆でこんな安いなんて。他店は倍ぐらいしますよね。和珈屋さんサイコー。(20代女性)

  • ここのコーヒー飲んだらやめられない。(30代男性)

  • いつも普通に飲んでたコーヒー。和珈屋さんのコーヒー飲んでから他のコーヒー飲めなくなりました。(30代女性)

  • スーパーで買うより安いかも…(40代女性)

  • お店に入ると珈琲のすごくいい香りがして癒されます。色々試飲できるのもいいですね。(20代女性)

  • 商品も価格もスタッフも良心的であったかいですね。(30代女性)

  • 頑張って下さい。和珈屋さんのこと応援していますよ。(70代女性)

  • こんなおいしいアイスコーヒー久しぶりに飲んだわ。(60代女性)

  • この店気に入った。(40代男性)

  • コーヒーが苦手な私でも初めておいしいと思えました。(30代女性)

  • 以前から車で通っていて気になっていたの。今日は行ってみようと思って来てみたら、スタッフも気さくでコーヒーもおいしくて来てよかったわ。これから通います。(50代女性)

  • 足が悪く中々、買いに行けないのですが「配達しますよ」という店員さんの優しい一言に感謝。ありがとうございます。(70代女性)

  • 今まで飲んでいた珈琲は何だったんだろう? (40代女性)

  • 授乳中でカフェインが気になって、コーヒー我慢してましたが、和珈屋さんのカフェインレスとってもおいしくて安心して飲んでいます。カフェインレスまた買いに来ます。(20代女性)

  • どこへいっても探せなかったけど店員さんの「全力で探します!」の言葉どおりお目当ての物が見つかりました。ありがとうござます。和珈屋さんいいお店ですね。(60代女性)

  • 見えないところでこんな丁寧な手作業している事に正直驚きました。他の珈琲屋とは明らかに違う。(20代男性)

  • 和珈屋さんの品質へのこだわりはすごい!!でもそれをお客様には求めず「好きなように飲んで下さい」という自然体の接客は押し付けがましくなくてとてもいい。(30代男性)

  • この前、友達からここのコーヒー豆をいただきました。とってもおいしかったので、ちょっと遠いけどお店に行ってみたくて来ました。コーヒーの味からイメージしていた様な優しい店員さんがいる素敵なお店でした。(20代女性)

  • いつもはミルクと砂糖でごまかして飲んでいましたが、初めてブラックで飲めたことにビックリです。(20代女性)

  • どれもとても飲みやすい。品質が良いからか、新鮮だからなのか。いずれにしても他の店のコーヒーとはちょっと違う。(20代男性)

  • ここの試飲のコーヒーは本当に美味しいね。(50代女性)

  • 和珈屋のコーヒー飲んで受験勉強してます。前に豆が無くなってしまって、なかなか来れなくて他のコーヒーを我慢して飲んでいました。勉強が大変でしばらく来れなくなってしまうので、いつもより今日は少し多めに買ってまた頑張ります。(10代男性)

  • お店全体がいい香りに包まれているので幸せな気分になりますね。(30代女性)

  • いろいろと親切に説明してくれるので、コーヒー初心者の私には大変助かります。(40代女性)

  • 滅多に褒めることがない辛口の父が「ここの珈琲は違う。すーっと喉に入って甘みもありおいしい」と絶賛していました。その父の言葉に家族みんながビックリしていました。(30代女性)

  • そのまま飲めるコーヒーは初めてです。甘みがあるので砂糖を入れなくても大丈夫。(30代男性)

  • 近くにお店ができて助かっています。これからちょくちょく買いにきます。(30代女性)

  • 悪い豆をちゃんと取り除いて、きれいな豆がそろってるね。頑張ってよ。(40代男性)

  • 市販のコーヒーとは香りも味も全然違う。もう市販のコーヒーは飲めなくなりました。(20代女性) 

     

    会社概要

    ■ 会社名  株式会社 和珈屋

    ■ 店舗名  珈琲豆専門店 和珈屋

    ■ 所在地  〒918 - 8027 福井県 福井市 福 2 ‐ 1914

    ■TEL  0776 - 63 - 5019

    ■ 定休日  火曜日 

    ■ 事業内容 コーヒー豆 焙煎・販売 (卸、小売) コーヒー機材 資材 関連商品 販売